後遺障害について

交通事故によって怪我を負ってしまった場合、治療によって完治を目指すことになります。ただ、治療によって怪我が完治すれば問題ないのですが、なかには治療をしても完治せずに症状が残ってしまうことがあります。このときに保険会社はいつまでも治療費の補償をしてはくれません。ある程度治療を続けていくと、「治療費の打ち切り」、「症状固定」や「後遺障害認定申請」といった言葉が保険会社の口から出てくるようになります。

よく注意しなければならないのは、治療費の打ち切りと症状固定は同義でないということです。症状固定の時期は、医師の判断によるものであって、保険会社の判断によって決めるべきものではありません。交通事故実務において、症状固定をいつと判断をするか、どのように後遺障害認定申請をするかは、その先適切な賠償を受けることができるかどうかを大きく左右します。次のステップに進んでしまう前に、本当に適切なタイミングなのか、十分に検討して判断する必要があります。

事務所コラム

コラムページでは、当事務所の弁護士が執務を通して日々感じたことを綴っています。
各弁護士の活動内容を通じて、各々が交通事故事案や、依頼者の皆様とどのように向き合っているのかを少しでも感じてください。

クリックをすると詳細を見ることができます。


ご相談は無料です。お気軽にご相談ください! 0120-300-700 【受付時間】9:30~21:00 土日祝日は予約制です。お問い合わせ月~金 9:30~21:00
土 9:30~18:00 日祝ご予約制