弁護士費用特約

弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは、自動車の乗車中や歩行中に交通事故にあってしまった際に、弁護士に相談、依頼するための費用や法律相談費用を自分や親族が加入している自動車保険会社が負担してくれる特約です。

保険会社からは、法律相談料、弁護士費用、訴訟費用などを支払ってもらうことができます。各社規定にもよるのですが、通常、法律相談料10万円上限、弁護士費用300万円を上限に補償されているため、一部の重大事故以外の場合には費用のことを心配せずに、相談や弁護士への依頼、相手保険会社や相手本人との交渉から訴訟までの一切を弁護士に任せることができます。
このように弁護士費用特約は、交通事故の被害者にとって大変有益な特約になるため、交通事故にあってしまった場合は、まず弁護士費用特約が利用できないか確認されることをおすすめします。
確認方法としては、ご加入の保険の保険証券に記載されているため、「その他の特約」欄などに記載が無いかどうか確認できますが、もっとも簡単で確実なのが保険会社の担当者に電話で確認することです。

この弁護士特約を利用する場合、どの弁護士に相談、依頼をするかは自身が自由に選ぶことができます。

ご自身の保険に特約がついていない場合でもご家族の特約が利用できます

弁護士費用特約に関して見落としがちなのが、家族の保険についている弁護士費用特約も利用することができるということです。以下の特約が利用できる2つのケースは見落としがちなので、特に注意して調べられることをおすすめします。

  • 同居している親族の弁護士費用特約
    (この親族には内縁関係にある配偶者も含みます)
  • 別居している両親の弁護士費用特約
    (本人が未婚の場合です)

弁護士費用特約は、特約がついた契約車両であれば、家族以外の同乗者も特約を利用することができます。
また、弁護士費用特約に加入されている場合、特約がついた契約車両での事故だけではなく、他の自動車に乗車中や歩行中、自転車やバイクでの走行中の事故にも利用することができます。

さらに見落としがちなのが、この弁護士費用特約は、住居の火災保険傷害保険にも付いていることがあるということです。ご加入の火災保険、傷害保険についても慎重に確認されてください。

弁護士費用特約を利用するデメリットはありません

弁護士費用特約を利用することで翌年以降の保険料が上がってしまうことを心配される方もいますが、弁護士費用特約は通常、ノーカウント事故として扱われるため、利用しても翌年以降の保険料が上がるということはありません

弁護士特約を利用することにより、費用の負担を心配せず、弁護士に対して相手保険会社との治療費や休業補償についての交渉、賠償金の増額、後遺障害等級認定のサポートなどを依頼することができます。
せっかく弁護士費用特約にかかる保険料の負担をしていたわけですから、特約を利用して適切なサポートを受けるべきです。
交通事故の被害を回復するために、特約を利用して、事故発生後の早期から弁護士に治療費や休業補償の交渉を任せることにより、ご自身の時間的、精神的な負担を軽減し、治療や仕事に専念することができます。
また、後遺障害が残ることが心配される場合には、後遺障害の等級認定に向けて、早期から弁護士のアドバイスを受け、ポイントを押さえた検査、後遺障害診断書の作成が期待できます。
弁護士特約を活用して、ご自身の負担の軽減、適切な賠償の実現を図ることをおすすめします。

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください! 0120-300-700 【受付時間】9:30~21:00 土日祝日は予約制です。お問い合わせ月~金 9:30~21:00
土 9:30~18:00 日祝ご予約制