足の後遺障害

私達は歩いたり走ったりといった動作を日常的に頻繁に行っているため、交通事故によって足に怪我を負った方の多くは、治療期間の生活に不便を感じるのはもちろんのこと、このまま治らなかったらという不安を抱えてしまいます。
中でも特に歩行者の方、自転車やバイクなどの二輪の方は、交通事故に遭った際に、足に怪我を負うことが多いです。
交通事故によって足に怪我を負った場合、それが原因となって痛みがいつまでも残ってしまうことや、膝を曲げると痛みを感じる、もしくは膝を曲げることが難しくなってしまうといったことが考えられます。
この他、重篤な場合だと、足を切断せざるをえなくなるといったこともあります。これらの症状は、自賠責保険に後遺障害認定申請をすることによって、後遺障害として等級の認定を受けることができます。
ここでは自賠法施行令に定められている足の後遺障害の等級認定の基準や判断のポイントについて説明します。

後遺障害に関するコラム

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください! 0120-300-700 【受付時間】9:30~21:00 土日祝日は予約制です。お問い合わせ月~金 9:30~21:00
土 9:30~18:00 日祝ご予約制