【頚椎捻挫】後遺障害等級14級で、163万円の増額した事例

事例の概要

後遺障害等級14級で保険会社の示談提示額から163万円増額して解決に至った事例(60代 男性 会社員)

<事故態様>車vs車

被害者は、車で走行中に加害車両に後ろから追突されました。

<解決に至るまで>

被害者は、病院で頚椎捻挫と腰椎捻挫の治療を受けていましたが、約7ヶ月経過したところで、相手方保険会社から治療費の前払い対応の打ち切りにあいました。痛み等の神経症状がまだ残っていたため、後遺障害認定申請を行い、14級9号の認定を受けました。その後、相手方保険会社から示談金の提示を受けましたが、示談金の金額に納得がいかず、当事務所に相談にみえました。当事務所が依頼を受けて交渉した結果、相手方保険会社が提示していた示談額から、163万円増額しました。

解決のポイント

相手方保険会社がこの方に提示していた示談金の金額は、いわゆる自賠責保険の基準によるもので、裁判所の基準と比べて相当に低いものでした。また、この方は休業損害を一部請求していませんでした。休業損害、通院交通費、付添看護費や入院雑費などは、被害者が見落としがちな項目です。中には、請求できることを知らないまま示談に応じてしまうケースもあります。

その他のむちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫)に関する解決事例を見る

※タイトルをクリックすると詳細が表示されます。


【頚椎捻挫】後遺障害14級 相手方保険会社提示の金額から185万円増額して解決した事例

【頸椎腰椎捻挫】後遺障害14級、提示額の2倍の300万円で解決した事例

【頚椎捻挫 等】異議申立で後遺障害併合14級を獲得。420万円の支払いで解決した事例

【頚椎捻挫 等】後遺障害14級9号。260万の支払いで解決した事例

【頚部挫傷 等】後遺障害等級14級。二度事故に遭い、総額700万円の支払いで解決した事例

【頚椎捻挫・腰椎捻挫】後遺障害認定申請により運転者・同乗者共に14級9号獲得

受傷部位別

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください! 0120-300-700 【受付時間】9:30~21:00 土日祝日は予約制です。お問い合わせ月~金 9:30~21:00
土 9:30~18:00 日祝ご予約制